ニュース

吉羽美華経歴「写真集を出すほどの美貌の持ち主」寝屋川市議詐欺容疑

ニュース

2022年8月1日、大阪府寝屋川市議会議員の吉羽美華容疑者を含む、男女5人が公的融資制度を悪用した詐欺の疑いで逮捕されました。

今回は吉羽美華容疑者の経歴についてまとめました。

吉羽美華プロフィール「写真集を出すほどの美貌の持ち主」

吉羽美華容疑者のプロフィールをまとめました。

  • 名前:吉羽美華(よしば みか)
  • 生年月日:1980年7月26日
  • 年齢:42歳
  • 出身:大阪市寝屋川市

 

吉羽美華容疑者は現在42歳です。
吉羽美華容疑者の画像がこちら

 

 

本当に42歳なのかと思ってしまうほどの美貌の持ち主です。
30代と言われた方がピンとくるほど若々しいです。

 

吉羽美華容疑者も自身の美貌をかなり自覚していたのでしょう。
写真集を出していた過去があります。

 

吉羽美華さんは美人すぎる市議と言われ、寝屋川市議に在職中の2009年頃、写真集を発売して話題となっていた。小池都知事が希望の党を結成して国政に進出した2017年にも、落下傘候補として少し注目されてたね。

 

写真集を出すほど美しいかと言われれば微妙なラインではありますが、市議会議員という箔が付くことで売れると思ったのではないでしょうか?
実際にもともと用意していた500部は完売し、追加で500部を販売していたということです。

 

しかもユニークなのは、売上が「個人献金」という形で、吉羽市議の政治資金となることだ。企業献金を受けない方針やネット献金が受けられない状況の中で、「献金としてお金だけいただくのも心苦しいので」と話す。

写真集は2009年7月26日に発売して以来、用意した500部はすでに完売。現在、さらに500部の追加販売もはじめたばかりだ。吉羽市議は、市内の人たちが購入してくれるのが嬉しいと笑う。

引用:J-CASTニュース

 

吉羽美華容疑者は写真での売上は政治資金としていました。

 

コロナ関連の公的融資制度で手数料を着手すると返済免除になるなどとして詐欺を働いた容疑で福岡県警は大阪府寝屋川市の市会議員・吉羽美華容疑者を逮捕。かつては自主出版の写真集で選挙資金を作って同市議に初当選するなど経緯を持つ。当時の映像探し当てたよ

 

写真集の売上を政治資金に回し、「献金としてお金だけいただくのも心苦しいので」と話していた人が詐欺事件で逮捕されるのはとても残念でしかたありません。

吉羽美華学歴「関西学院大学経済学部」

吉羽美華容疑者の学歴をまとめました。

  • 小学校:大阪府寝屋川市立木屋小学校
  • 中学校:金襴千里中学校
  • 高校:金襴千里高等学校
  • 大学:関西学院大学経済学部

 

金襴千里中学校と金襴千里高等学校は大阪府吹田市にある私立中高一貫校です。
金襴千里中学校は受験校なので吉羽美華容疑者は中学受験をして金襴千里中学校に入学しました。
中学の偏差値が61、高校の偏差値が推定62です。

 

吉羽美華容疑者の出身大学は関西学院大学経済学部
偏差値は52.5~57.5です。

 

吉羽美華結婚歴「DV離婚の噂」

吉羽美華容疑者の結婚経歴です。

 

  • 2014年11月 自民党の谷川とむ前衆議院議員と結婚
  • 2016年9月 自民党の谷川とむ前衆議院議員と離婚
  • 2019年5月 一般男性と再婚

 

吉羽美華容疑者は2回目結婚しており1回目の夫は谷川とむ前衆議院議員です。
結婚の期間は2年弱で、2人の間には1人の男の子が生まれています。

 

吉羽美華容疑者の元夫である谷川とむさんは今話題の「旧統一教会」と関係があったのではと注目されています。

 

大阪の谷若とむ議員も統一教会とズブズブだったようです。

 

吉羽美華容疑者と谷川とむさんの離婚理由がDV離婚ではないかとされています。

 

吉羽美華さんは元夫の谷川とむさんとりこんしたことについて、DVされていたと主張していたが、谷川さんはDV疑惑を否定していたよね。この件はどうなったんだろう?

 

当然のことながら谷川とむさんは週刊誌の取材でDVを否定していますのでDV離婚であったかはうやむやのままです。

吉羽美華詐欺容疑概要

吉羽美華容疑者の詐欺容疑の概要です。

 

新型コロナウイルスの影響で業績が悪化した福祉施設などを支援する公的融資制度を巡り、業務委託料の名目で現金をだまし取ったとして、福岡県警は1日、大阪府寝屋川市議、吉羽美華容疑者(42)(大阪府寝屋川市)ら男女5人を詐欺容疑で逮捕した。県警は大阪府や福岡県内の福祉施設、医療法人などが受けた十数件の融資30億円以上のうち、十数億円が吉羽容疑者らの手に渡っていたとみて調べる。

発表では、5人は2020年7月~12月、堺市の福祉施設に対し、独立行政法人「福祉医療機構」(WAM、東京)の「新型コロナウイルス対応支援資金」制度について、「特別な条件で融資が可能で、返済しなくても民事上の責任は負わない」などと偽り、同年12月中旬、この施設に1億2000万円の融資を受けさせ、うち5940万円を業務委託料などの名目でだまし取った疑い。吉羽容疑者は融資を持ちかける際に市議の名刺を見せていたという。

引用:讀賣新聞

 

詐欺容疑内容をまとめますと、

  • 2020年7月~12月に詐欺を行った
  • 詐欺容疑で逮捕されたのは吉羽美華容疑者を含む男女5人
  • 融資30億円以上のうち十数億円が吉羽容疑者らの手に渡った可能性がある
  • 堺市の福祉施設に対し、1億2000万円の融資を受けさせ、うち5940万円を業務委託料などの名目でだまし取った疑いがある
  • 吉羽美華容疑者は融資を持ちかける際に市議の名刺を見せていた

 

吉羽容疑者らは、本来仲介者が必要ない公的融資制度をあたかも仲介が必要と信じ込ませ、仲介手数料をだまし取った疑いで逮捕されています。
それも市議の名刺を使ってだましていたとされています。

 

今回の融資制度は本当に困っている人が対象となる制度です。
それを市議の名刺まで使ってだましていたのであれば本当に許されない詐欺事件です。

Nube news

コメント

タイトルとURLをコピーしました