事件

村田篤義の事件概要「酔った女性に数十件同じことを繰り返していた」荻窪駅わいせつ事件

事件

村田篤義容疑者は今年5月7日、泥酔した女性を漫画喫茶に連れ込みわいせつな行為をした疑いで逮捕されました。

村田篤義容疑者の事件概要、プロフィールについて調べました。

事件概要

 

酒に酔った女性に駅のホームでキスをしたうえ、漫画喫茶に連れ込み下着を脱がしたとして、会社員の男が逮捕されました。

東京・杉並区の会社員・村田篤義容疑者(47)は今年5月7日の未明、JR荻窪駅のホームで酒に酔った状態の20代の女性にキスをしたうえ、近くの漫画喫茶に連れ込み、下着を脱がせた疑いがもたれています。

警視庁によりますと、村田容疑者は中野駅のホームで帰宅途中の女性に声をかけ、荻窪駅まで連れて行き、水を飲ませるなど介抱しながら犯行に及んだということです。

「女性が同意したと思った」と容疑を一部否認していますが、三鷹駅でも同様の被害があり、警視庁は余罪を調べています。

引用:TBS NEWS DIG

 

この事件は泥酔状態でまともな判断能力ができない女性を狙い、わいせつ行為をした事件です。
女性側は泥酔状態なので、抵抗する判断力があったとしても難しいでしょうし、そもそもわいせつ行為を断る判断能力がなかったかもしれません。

 

村田篤義容疑者は自分の欲望のために泥酔女性を狙ったとても悪質な事件です。
事件が発覚していなかっただけで、村田篤義容疑はお酒に酔った女性を狙ってわいせつ行為を繰り返していた旨の供述もしています。

プロフィール

村田篤義容疑者のプロフィールです。

 

名前:村田篤義
年齢:47歳
職業:会社員
勤めている会社は杉並区です。
村田篤義容疑者の顔写真はこちら
顔はマスクをしていますが、イケメンでもなければブサイクでもないといった印象でしょうか。
47歳にしては髪の毛はボリュームがありますね。
20代の女の子からすればイケメンではないおじさんになるでしょうからお酒に酔っていなければ、かりに食事のお誘いだろうとも断るとは思います。
それをわかっていたから村田篤義容疑者はお酒に酔った女性を狙っていたのだと思います。

村田篤義「泥酔している女性を狙い数十件同じことを繰り返していた」

村田篤義容疑者はお酒に酔っている女性を狙い、わいせつな行為を数十件繰り返していた可能性があります。

 

また、調べに対し、容疑を否認しているということですが、「酔った女性を介抱するふりをして、キスしたりするのが趣味だった。数十件、同じことをやった」とも話していて、警視庁は同様の犯行を繰り返していたとみて調べています。

引用:日テレNEWS

 

村田篤義容疑者は酔った女性を介抱するふりをして、キスしたりするのが趣味だったと供述しています。
気持ち悪すぎて絶句してしまう内容の趣味ですね…

 

数十件同じことを繰り返していたということですから警察に相談に行けなかった女性が大勢いることが想像できます。
女性はお酒に酔っていて記憶が曖昧だから警察に相談にいくことができなかったと推測できます。

 

村田篤義容疑者は酔った女性を狙ったのは、判断力を失っている女性なら自分でもキスなどわいせつな行為が簡単にできると考えたためだと思います。

 

村田篤義容疑者はマスク姿ではありますが、けっしてイケメンではないと思います。
イケメンではない普通の顔ですし、47歳とおじさんですので、お酒に酔っていない女性を誘っても一蹴されるでしょう。
特に20代の女性ならなおさら。

 

村田篤義容疑者は女性にキスなどをしたいという欲望をもっていますが、おじさんですしイケメンではないため女性に相手にされなかったと思います。

 

どうしたら自分の欲望を叶えることができるかを考えたときに、お酒に酔っている女性なら可能なのではないかと村田篤義容疑者は考えついたのかもしれません。

 

そして、1回目にお酒に酔っている女性にわいせつな行為をして成功してしまい、味を占めた村田篤義容疑者は、お酒に酔っている女性を狙いわいせつな行為を繰り返してしまったのではないでしょうか。

 

村田篤義「泥酔女性が同意したと思っていた」

村田篤義容疑者は女性が同意したと思っていたと供述しており、容疑を一部否認しているようです。

 

警視庁によりますと村田容疑者は、電車内で酔った女性を探して同じ路線を行き来していたということです。

村田容疑者は「女性が同意していたと思っていた」と容疑を否認していますが警視庁は余罪が多数あるとみて捜査しています。

引用:FNNプライムオンライン

 

村田篤義容疑者は女性が同意していたと思っていたと供述していますが、泥酔している女性は判断力がありません。
村田篤義が同意させるような言葉を言い、泥酔して判断力がない女性が頷いてしまっただけかもしれません。

 

また、泥酔している女性なら記憶が曖昧だから「同意してたよ」と言うことができると思ったのかもしれません。

 

それを同意していると思っていたと供述するのは無理があると思いますし、警視庁の調べで電車内で酔った女性を探して同じ路線を行き来していたということです。

 

これはお酒に酔った女性なら記憶が曖昧で「女性は同意した」と言い逃れができ、女性は警察に相談しに行くことができないと判断したのでしょう。
女性側も記憶が曖昧のため「同意してしまったのかもしれない」と思い込んでしまい警察に行くのをためらってしまうかもしれません。

 

現に、村田篤義容疑者は数十回以上同じことを繰り返していた疑いがあり、警察に相談することができずにいる女性が何人もいることが推察されます。

 

お酒に酔っていなく正常な判断ができる状態なら、見ず知らずの男の人の誘いは乗らないと思いますし、わいせつな行為に同意するなんてありえないことです。

 

それをお酒に酔って判断力が鈍っている女性を狙いわいせつな行為をする。
女性はお酒に酔って記憶が曖昧なため「同意してしまったのだ」と思い込み警察に相談に行けない。

 

村田篤義容疑者は女性が警察に相談に行きにくい状況を作り出し犯行を繰り返していたのではないでしょうか。
女性が警察に相談に行かなければ逮捕されることはないのですから。

 

Nube news

コメント

タイトルとURLをコピーしました