ワークショップ8 プログラム

ワークショップ8  『Noncoding/coding RNAによる生命機能の制御』

D会場 会議室1 9/17(木)15:00〜16:45
世話人:谷 時雄(熊本大学)

テーマの概要とねらい:
真核生物においては、遺伝子発現の制御、核内構造体形成、染色体分離、性決定など、様々な生命現象の制御に選択的にスプライシングされたcoding RNAや非翻訳性のnoncoding RNAが多元的かつ多様な形で関わっている。本ワークショップでは、未だに謎の残るpre-mRNAスプライシング制御機構やnoncoding RNAの新機能に関する基礎的研究から、難治性疾患治療への応用を目指したRNA研究までを、今後の展開を見据えた幅広い視点から紹介し討論を行いたい。

講師及び講演タイトル:
発表予定者(全員内諾済み)の氏名所属と発表概要(タイトル未定)
福村和宏(藤田医科大学総合医科学研究所)
ショートイントロンのスプライシング分子機構
片岡直行(東京大学大学院農学生命科学研究科)
スプライシングとRNA disease
井上大地(神戸医療産業都市推進機構先端医療研究センター)
スプライシング異常を介した新規発がん機構
加藤泰彦(大阪大学大学院工学研究科生物工学専攻)
ミジンコの性決定を制御するnoncoding RNA
井手上賢(熊本大学大学院先端科学研究部)
染色体分離制御に関わるセントロメアnoncoding RNAの解析
廣瀬哲郎(北海道大学遺伝子病制御研究所、4月より阪大生命機能)
noncoding RNAによる核内構造体形成と機能制御