ワークショップ3 プログラム

ワークショップ3『哺乳類のレトロトランスポゾン研究から解き明かす多様な生命機能』

A会場 パレアホール 9/17(水)9:00〜10:45
世話人:西原 秀典(東京工業大学)、大谷 仁志(名古屋大学)

テーマの概要とねらい:
レトロトランスポゾンは長らく宿主に害を及ぼすもの“The enemy within”だと考えられてきた。しかし近年では、これらが宿主の遺伝子発現や発生など様々な場面で重要な役割を持つことが、次々と明らかにされてきている。本ワークショップでは、レトロトランスポゾンが哺乳類ゲノムでどのように制御され、また宿主にどのような影響を及ぼしてきたのかについて最新の情報をご提供いただき、レトロトランスポゾンの哺乳類ゲノムにおける役割について議論したい。

講師及び講演タイトル:
大谷仁志 (名古屋大学 大学院生命農学研究科)
福田渓 (理化学研究所)
伊東潤平 (東京大学 医科学研究所)
山中総一郎 (東京大学 大学院理学系研究科)
小野竜一 (国立医薬品食品衛生研究所)